どのような仕事でも、つらいと思う要素は存在しています。なかでも、看護師は過重労働になりやすい職業として知られているので、それにより退職を考える人も多いでしょう。看護師の仕事の何が問題なのかを知ることで、そうした対策を講じている職場を選べるのです。例えば、看護師の仕事は夜勤がつきものだと思います。度重なる夜勤は人間の健康を害し、仕事にミスをもたらしてしまう場合もあるものです。特に、シフトの組み方がよく検討されていない病院で働いた場合、夜勤明けの時間もずれ込んで日中の仕事に響いてしまいます。こうした問題を避けたい時は、夜勤がない医療施設で働くようにしましょう。入院設備がない診療所に勤務するのであれば、夜勤で働く必要がありません。他にも、看護師のつらい点と言えば過重労働が挙げられます。日本は少子高齢化社会であり、高齢者が増えるほど医療機関の必要性が増すのです。高齢者が多く医療従事者が足りない病院に勤務した場合、看護師一人で患者さん十人を看護するケースも珍しくありません。こうした場所で働きたくない看護師は、看護をする人間一人に対して患者さんを七人の割合に抑えている病院に勤務するようにしましょう。このような比率は、自分で調べることができます。また、あまりに過度な労働を負いたくない看護師は、正職員でなく派遣社員やパートで勤務すると言う手もあります。そのような雇用形態の方が、労働時間や残業を抑えられるのです。悩みを抱えている看護師はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です