看護師の仕事は、患者さんの肉体と心に意識を配る必要性があります。その心と言うのは、ロボットのように全ての人が同じ心では無く、それぞれの違った心があるものです。時には、患者さんから辛い言葉を投げかけられる可能性も抱え込んでいる仕事となります。患者さんの中には、生命を左右するような状態に置かれている人もおり、強いストレスを抱え込んでいる場合もあるのです。人に喜んでもらう思いで仕事をしている看護師もいますが、このような患者さんの発言とは逆のイメージを抱えるものであり、そのことに対してもつらい思いが生じてくる時もあります。24時間仕事のことばかり考えていれば睡眠にも影響を与え、自分が心身を患ってしまう可能性もあるのです。そのような姿になれば本末転倒であり、リフレッシュをするのが重要なポイントとなります。リフレッシュするには、仕事のことを考えない時間帯を持つのが大切です。ただ単にカラオケで歌ってストレスを発散させる方法もおすすめですが、看護師と言う発想を辞め、自分自身は歌手であると言う思いを持つことによって、より仕事を忘れられるでしょう。つまり、他の役者的な内容を演じることによって、その時間帯のみ違う自分を作り出す事が可能なのです。忙しくてカラオケに行く時間帯を作れない看護師は、主婦のプロであることを演じて見るのもいいかもしれません。そのような内容は自分自身を楽しくすることができるため、つらい思いを払拭できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です